2017年5月21日

BMアクセラをシャコタン☆ブギにする

BM5FPアクセラセダン、実に車高が高い。
よし、低脳らしくローダウンサス()に交換しよう。
でもベッタベタのシャコタンは好みじゃないちや。ちょっとだけ落とすやき。
フェンダーアーチの真ん中にタイヤが来るくらいでいいのだ。カタログに近づけばいいのだ。
まずはともあれ市販ローダウンスプリングラインナップを調査。

品名 ダウン量F/R バネレートF/R
純正 0mm/0mm 2.2/2.6
Autoexe 20mm/20mm 2.6/3.4
RS-R Ti2000 25~30mm/25~30mm 2.9/3.2
Espelir Super 35~40mm/35~40mm 2.4/3.0
Espelir Down 20~25mm/25~30mm 3.0/3.4
tanabe NF210 10~20mm/15~25mm 2.3/2.6
※スプリングレートはkg/mm換算

アクセラセダンは最近のF1マシンのようなレーキ角がついてる(かなり前のめり)ので、リア側を多めに下げたい。
するとEspelierかtanabeが候補。tanabeの開発時の写真を見たらかなり良い感じに「正しい純正車高」っぽい。ということでtanabeに決定。
おそらく周りは誰も気付かない。これで行ってみる。

そういえば車高下げたらスタビリンクの長さ調整が推奨されてる。スタビの作動角度が変わって、スタビライザーの効きが甘くなるってさ。アクセラのスタビライザーはどうやらブッシュで固定されてるので、純正スタビリンクのまま車高が落ちるとブッシュが捻じれる。適正な長さのリンクを装着したほうがいいのかもしれんね。
定番のAutoexeのはターンバックルじゃないし1~2年でガタがくるという情報があったので、アルファチューンというとこの製品にしてみる。

ということで近所のショップにパーツ取り寄せ&取り付けをしてもらいました。

交換前

交換後
最初からこうあるべきだ!!
フロント指2本、リア指2.5本くらいに。バランスが取れてかっこよいですな。いい感じにカタログ車高だぜ。
ツラ具合はホイール変更でほんの少しワイドになった分が相殺されて、これまたとっても純正感が溢れる。自然ですな。

姿勢が変わったのでヘッドライトの光軸調整をせねば。
車を平地に置いてOBD2コネクタをちょいちょいちょいっと短絡させればオートレベライザー初期位置リセット完了です。簡単すぎ。


さて車高の落ち幅について、指何本とかファジーな計り方じゃなく実測してみよう。
荷物は入れず燃料満タンにして、なるべく平地に置いて、フェンダーアーチの一番高いところからホイールの中心、つまり車軸までの距離を測る。これならタイヤの空気圧や気温、タイヤの減り、銘柄などに左右されることもない。
とかいいつつ、ホイール中心は測りにくいのでリムまでの距離を計りました。

交換前(ガソリン満タン)
LF 163mm RF 162mm
LR 175mm RR 174mm

交換から600km走行しアライメント調整後(同じ場所で計測、もち満タン)
LF 140mm RF 139mm -23mm
LR 145mm RR 144mm -30mm

あれ?10~20mm/15~25mmダウンはどこに行った?tanabeの開発車両のATハッチバックより、セダンMTのほうが30kgも軽いのになぁ。
予定より落ちてたのでスタビリンクの長さをくるくる調整。ターンバックル式にしておいてよかった。

乗り心地は・・・純正足がもともと硬めのためわからん。
定常円旋回してみても、特にバランスの変化がわからない。
ただし、まだ底付きする段差にはまだ遭遇してない。

ということで誰も気付かない車高下げの完成でーす。

0 コメント:

コメントを投稿