2016年12月18日

Mazda Axela Sedan を契約してきた

散々試乗比較検討した結果、 Mazda Axela Sedan 15S Proactive (型式DBA-BM5FS) を契約してきたのが11月の話でした。11月契約、12月生産、1月納車の予定。
2016年のマイナーチェンジ後のモデル。クルマはニューモデルより、一度マイチェンしたモデルが細かい部分が改善されてて一番いいと思っている。
決め手は乗ったときの直感だね。一番運転がたのしいわ!

ハッチバックのアクセラスポーツではなく、箱車好きなのでセダンにした。エンジン回して楽しむガソリン車モデル。ついでにマニュアルトランスミッション!!
装備的に考えるとグレードは15Sでも十分だったところ、ひとつ上のグレード 15S Proactive にした。その理由は、15Cと15Sではセンターのアナログメーターがスピードメーターなのに、15S Proになるとタコメーターになるから。MTだとアナログタコメーターが無いとつまらんよね。Proにするとオマケで安全装備もついてくるらしい。ラッキーラッキー。

内装はドイツ車を参考に作りましたって感じのBMWを意識したであろう横一文字デザイン。質感は軽めだけど、統一感あってよし。
マツダがプッシュしている自然なドラポジは、BMW比では特に変化なし。
そしてね、FR車を意識してるでしょこのシフト周り。フロントミッドFR車ばりにトランスミッションが室内に食い込んでそうだよ。横置きFFのくせに!

色は悩みに悩んでソウルレッドプレミアムメタリック!
納車まであと1ヶ月くらい。楽しみっすよ!
そしてBMWちゃんとの別れが近づいてきてるという事実。切ないね。


愛車の下取価格は一括査定がお得
そこで愛車を下取に出すときには、事前にしつこい勧誘がない、ネットでできる一括とうこともあるでしょう。
っていうアフィ記事が多すぎて嫌になるね。
・ページ上部に目次がある
・記事の合間に困った人や驚いた顔などの著作権フリー画像がある
最近検索に引っかかりまくるこういうページは中身がない。時間の無駄だわ。

0 コメント:

コメントを投稿